トリキュラーは避妊効果が極めて高いお薬となっています。ただし、正しい服用をしなければ効果は薄れてしまうので注意してください。当サイトではトリキュラーの作用についてご紹介します。

  • ホーム
  • トリキュラーで血栓症の副作用、進行したら溶解性薬

トリキュラーで血栓症の副作用、進行したら溶解性薬

スプーンの上にある黄色の薬

生理周期が安定しない女性が生理周期を安定させるには、低用量ピルの服用が最も効果的です。
低用量ピルは女性ホルモンの成分である黄体ホルモンと卵胞ホルモンを内包したホルモン剤であり、体内に取り入れることにより女性ホルモンの分泌バランスをコントロールできます。
女性ホルモンをコントロールすることで、生理が来る周期を安定させることができるようになります。
自然なホルモンバランスの状態に近づける効果が高いトリキュラーは、初心者の方が飲むのに最も安全な低用量ピルです。
飲み始めは、このトリキュラーが良いでしょう。
トリキュラーを服用することで不安定な生理周期を改善することができますが、服用に関しては副作用があることも覚えていなくてはいけません。
トリキュラーの他、低用量ピルは長く使うことで、血栓症にかかる確率が高くなります。
低用量ピルは血液を固まりやすくする欠点があり、血液中に血の固まりの血栓ができることがあります。
これが血栓症であり、そのまま放置しておくと最悪の場合には命を落とすことがあるのです。
血栓症は初期症状として胸の痛み、太もも・ふくらはぎの痛み、頭痛、吐き気などの症状が起こります。
低用量ピルを服用していて、これらの症状を感じることがあったら早急に医師に相談するようにします。
血栓症は発症初期の内に気づかないままだと、次第に症状が進行していきます。
進行した血栓症を治療するには、血栓を溶かす溶解性の薬を長期間服用しなければならなくなります。
血栓症は悪化すると治療が大変になるので、早期の対策が何よりも重要です。
服用を開始すると同時に血をサラサラにする効果がある食品を多く摂ることで、血栓症のリスクを予防することができます。