トリキュラーは避妊効果が極めて高いお薬となっています。ただし、正しい服用をしなければ効果は薄れてしまうので注意してください。当サイトではトリキュラーの作用についてご紹介します。

  • ホーム
  • トリキュラーとプエラリアミリフィカの併用と受胎時

トリキュラーとプエラリアミリフィカの併用と受胎時

笑顔の女性

トリキュラーは黄体ホルモンなどを増やして避妊をするために薬で、低用量ピルとして販売されています。
避妊目的で服用する場合には健康保険が使えないので、婦人科などの医療機関でピルの購入をすることになります。
プエラリアミリフィカなどで女性ホルモンを補充することで、バストが大きくなるなどの変化が期待できますが、避妊をするためには黄体ホルモンを増やさなければならないので、ピルと同じような効果を期待することはできません。
トリキュラーなどの低用量ピルを服用中に妊娠を希望する場合には、服用を中止するだけで受胎することができます。
ピルは2日間飲み忘れるだけで効果が消失するので、避妊の必要がなくなったら薬をやめるだけで受胎できます。
飲み合わせに注意が必要なのは、セントジョーンズワートを含んでいるサプリメントで、トリキュラーの代謝が促進されて避妊効果が低下してしまったり、不正性器出血が起きることもあります。
トリキュラーに多い副作用としては、不正子宮出血、乳房痛、頭痛、吐き気などがありますが、ホルモンの量が安定することで、症状が軽くなります。
副作用がなかなか軽くならない場合は、超低用量ピルなどに処方を変更してもらう必要があるので、医師に相談をして相性の良い薬を見つける必要があります。
トリキュラーは個人輸入で手に入れることができますが、病院で処方された場合には重大な副作用が起きた時に医薬品副作用被害救済制度によって補償を受けることができますが、個人輸入では自己責任となるので、制度の対象外になっています。
プエラリアミリフィカはサプリメントとして販売されていますが、女性ホルモンを増やすことで太りやすくなったり、むくみが生じる可能性があります。