トリキュラーは避妊効果が極めて高いお薬となっています。ただし、正しい服用をしなければ効果は薄れてしまうので注意してください。当サイトではトリキュラーの作用についてご紹介します。

  • ホーム
  • 実はトリキュラーでイライラも解消できます

実はトリキュラーでイライラも解消できます

薬を飲んでいる女性

トリキュラーは、一般的な効能としては避妊を目的としている低用量ピルにあたります。
このような避妊用ピルのなかには、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった、女性ホルモンの一種が含まれていまので、これを毎日1錠ずつ服用することによって、血液中におけるホルモン量が一定の水準に保たれるようになります。
こうした状態は、妊娠したのとほぼおなじ状態ということもできますので、やがては排卵が抑制され、生理が止まります。
こうしたメカニズムによって、トリキュラーは避妊の効果をもたらすように工夫されているわけですが、実は避妊という目的のほかにも、いろいろと副次的な効果が期待されるものです。
たとえば、生理の直前になると、とたんにイライラがひどくなったり、腹痛や頭痛、吐き気のような症状が出たりするものの、生理がはじまってしまうと、そうした症状がほとんどなくなってしまうという女性がいます。
これは月経前症候群とよばれているものであり、症状が深刻な場合には、学校や仕事でもかなりの影響が生じてしまうものといえます。
こうした場合、トリキュラーのような低用量ピルを、避妊のときと同様に服用することによって、症状がかなり改善されることがあります。
そもそも、月経前症候群というのは、月経前に体内におけるホルモンのバランスが崩れてしまっていることが原因の一端になっていますので、逆にいえば、体内のホルモンバランスをととのえてあげることが必要なのです。
トリキュラーを服用した場合にも、やはりホルモン量が一定となり、バランスが崩れないようになりますので、おのずと症状は改善されて、悩みがなくなるというわけです。
ただし、場合によっては服用しはじめの時期に副作用として頭痛や吐き気などが出ることがありますので、注意しなければなりません。